2012年05月15日

言葉に流れ込むもの

人が言葉を生み出したやむを得ない事情とは、
圧倒的な「余力」を、掴み取ったからだろうか、、、、、



人の「言葉」とは、単なるコミュニケーションではない、
意思伝達の手段としてのみ、
発達したわけではないのである。


その草創期には
1対1のコミュニケーションより
集団生活のある決まりや規律を
象徴させるために
発明されたのかとも思えるが、
威嚇に使うには、
まどろっこしいし、
神性を付加したものであったなら
ここ一番で使うしかないから
頻度が少ない。
禁忌タブーも発明しなければならないし、
とても、
バラエティー豊かに
枝葉が発達して行ったとは
考えにくい。

「言葉」が、共通した思念を
興起させるには、
意味の信号を送り返さないといけないと云う
ワンクッションの手間とタイムラグが発生するから、
「言葉」の使い勝手は
原初の生活においては、さほど便利とも
言えない。


「言葉」がもし、種族保存のための
オスからメスへの、ウーイング的な
誘引のための道具として発達したなら
オスの言葉は、多少無意味な誇張の意匠を
まとっていたとしても、
もう少し、まっとうに
メス〜彼女らに、届くはずなのだが、、、
メス〜彼女らは、
およそ、見当はずれのイメージでもって
それらを、受け止めている。



言葉が、伝達の手段であるとしたら
もう少し、効率的に
相手に届かねばならない、、、
けれど、
言葉は、言葉として受け取られるわけでなく
言葉の表象として受け取られるのだ。


言葉のしずくが
受け手の心にぽとりと
玉になって落ちる、、。
このしずくは朱色の玉なのかもしれない、
けれど、受け手の青い心の桶水の中に
落ちた瞬間、紫に混じり合ってしまう。

受け手は、紫の玉に
さらに、連想のくさりを繋げてゆく、、、

人は、このように
言葉を言葉として受容できない。


アプリをダウンロードしながら、
アプリの表題に
引き寄せられた受け手の心象の滓が
インストールに交じり合いながら
意味を付与してゆくのである。
インでなくて、
アップロードして言葉を受け取ったつもりになる。

このことを
かつて幻想と呼び、
個人の幻想領域から
対幻想と共同幻想に分化してゆくことを
証左した時代の旗手がいた。



言葉が強力な力を持つのは、
共通した時代の思念とも云うべきものを
共同の表象として
掲げられたときだけである。

時代の気分を
まさに代弁する、そのときその時にのみ
旬であり、すぐに色あせ消えてゆく
「流れの言葉」と云うものがある。

いくつも現われては消え、
消えては、また別の言葉をまとって
表われる、、
先進的で創造的な人々が、
時代の動きの、波打つ機運を感じ取り
かすかで、不確かではあるけれど
掴み取っては、象徴させる「言葉」である。

しかし、この「流れの言葉」は
人々に認知され、共同の表象に代わったときには
すでに、実態が消え去っている。
人々が、時代の言葉として使い始めたときには
すでに、終わった言葉となっているのである。


ちょっと前には
化学反応〜ケミストリ、と云う言葉が
コレを担っていた。

この合い交えそうに無い異種のものの
交感が、まったく予想もつかない
展開を生み出すと云う
この感覚が、活きいきとした
次の時代の気分を予感させた。


「流れの言葉」が、
共同の表象にすり替えられたとき、
この強力な時代の「言葉」は、
人々の思念や欲求の鬱散を吸い込み、吸い込みして
大きく強大なブラックボックスに
変じてゆく。

創造的であること、自ら言葉を選び取ってゆくこと、
内省的であること、感覚を正しく意識に上げること、
すべてを吸い込んで、
段取りを飛ばして、単純化し、短絡化し、
モサモサ考えなくても、とりあえず
使っておけば、やり過ごせるような
そのような強大で頑迷な「言葉」に変わる。



この一年、
まさにこのようにして
もやもやした時代の気分をどう
表せばよいのか、時代の旗手たちが
迷っていたさなかに
ひとつの言葉が表象化されている。

言葉自体は、多くの意味を
現わしていない。
他の地域との分別のための
記号であり、名前に過ぎない。

けれど、この単純な言葉に
時代の気分やあらゆる言いようの無い
不安や不満が流れ込んだのだ。



「フクシマ」、、、、
この言葉に、人々はすでに
深い内省や希望の端緒を読み取ろうとはしない、

さらに単純化され、記号化された
「フクシマ」に、
思考は無化され、踏むべき段は飛ばされ、スキップして
そう云うもの、として
言葉の中に放り込んで、何もかも投げ込んで
省みようとしない、、、
途方にくれていた人々には、ちょうど良い
隠れどころだったのだ。



人々の共同の思念は
こうして、表象化された言葉に逃げ込む。

やむにやまれぬ
共同の心が生み出した時代の処方だったとも言える。



けれど、
この「言葉」に乗じて
自分の尻拭いをせずに
厄払いをしようとしている一群の人たちがいる。


町内や自治体で
執り行なう「どんど焼き」みたいにして
どうにも手のつけようのないモノを
何もかもごちゃまぜにして、
放り込みに来る人々である、、、、。








posted by 身体気法会 at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月16日

人が創り出したものを、人は、、、



大問題な、新型掃除機である。


5年ほど使った掃除機がついに、壊れてしまい
かねて、検討していた新型掃除機を購入した。

現在の掃除機事情と云うものは
大変なハイテク合戦のようで、
一時、席捲しかけたサイクロン方式が
紙パック勢の巻き返しに苦戦している
状況であるらしい。

紙パック方式の根強い人気の理由は
溜まったごみ処理の簡便さに
尽きるのであるが、
最新型は、強力な巻き返しを図るため
ハイテクを随所に詰め込んである。

購入した新型掃除機は、紙パック方式である。


吸引しようとする清掃面の塵芥をセンサーで
検知して、吸引力をコントロールする、
汚れが激しいと、ノズルの外枠が赤く点灯して
今、きわめて汚いところを、素晴らしく吸い取り尽くしてますよ!
と、誇らしげにサインを送るのである。

吸い込み口は、かなり重い。
ノズルやパイプも太く、いかにもタフな姿形である。
それだけで、以前使っていた
旧型の本体分くらいあるような感じである。

新型は、抜かりなく
この重量感を軽減するため
自走式と称して、吸い込み口にモーターを内蔵し
センサーによってコントロールされながら
自分で床面を進んでゆく。


これが、なんとも心地よい。
面白いのである、、、、

何か、フワッと浮かび上がるような感覚がある、
ガス充填の大きなバルーンを操ってるようでもあり、
トコトコ急いだり、寄り道したりの
犬の散歩をしているようだし、
何とも、生き物っぽい感じが楽しい。



掃除と云うのは、身体技法である。

掃除機といえども、
身体をどう捌くかと云うことが、
「掃除」を「祓い」にしたり、
「場つくり」に出来る
身体技法になるのである。


掃除は、場を整える。
チリやホコリを、掃いて除くだけでなく
辺りの気の質を、変える。

さっぱりした澄んだ空間に気が満ちている、
ザワザワした心は、静かになり
自分の中心に、自分が戻ってくるような
落ち着いた心地が生まれる。


その部屋に足を踏み入れた瞬間に
ふと、感じ取れる、、
眺めただけで、何か安定感がある、、、
掃除は、そのような場に
空間をつくる身体技法なのである。


心地よく住み、楽しく語らい、
適当に不満を言っても包容されている、
集注した仕事をこなすのも、
予想外の出来事にも、むやみに慌てない心持ちで
対処できるのも、
どのような場に居るのかにもよるのだ。



ローテクの旧型を使いこなしていた以前は
まさに、この身体の捌サバきによって、
掃除を「掃除」と出来ていた。

ところが、この新型は
何とも、扱いづらい、、、。

自分で、吸引をコントロールし、
自分から早めたり、ゆっくり重点的に吸い込もうとする
自走の新型は、私にとっては相手任せである。

「ふき掃除をしたような」と云うふれ込みで
宣伝されているとおり、その吸引力は
世間の評判も高い。
しかし、きれいになった感じがどうも、
違う、、のである。


機械と云うものは、
いかに効率的にまた効果的に
目的をこなすか、と云う大命題に
能力と想像力をつぎこんで
形になしたものである。

目的は、その時代、時代の価値観を反映する、
今は、便利で快適で簡単に扱える!!が、第一である。

どんな人でも、
非力でも無頓着でも無造作でも、、
誰がやっても、きれいに仕上がるように
ハイテクが駆使されている。

ここに、「身体技法」は
つけいるスキがないようである、
「捌き」なんて、必要ないよ!というばかりに
いたれり、尽くせりに
キレイに仕上がるのである。


廃用性萎縮と云う、医科用語がある。

身体には、使わないでいると
不要であると判断されて、
能力はあるのに、機能が衰えてしまう、
萎縮して、退化してしまう
ひとつの、システムコントロールが
備わっている。

身体にとっては、無用な体力を使わないよう
集中力と瞬発力を温存するための
取捨選択なのだが、
簡便さと迅速、汎用性を第一とする現代生活にあっては
身体の大切な機能まで
使わないですむような暮らしぶりになってしまう。



「道具」と云うものの基本は、
身体の延長である。

身体の捌けるように、身体の能力を最大限に
発揮できるよう、工夫がこなされたものが
「道具」なのである。

身体を離れ、身体の能力を減ずるようでは
「道具」には、ならない。

身体の能力を知らず、知らず使いこなすような
「余地」が、そこになければならない。



自走式新型掃除機は、まだ
使い始めたばかり、、である。
つけいるスキのなさそうな「完璧さ」に
いかに、身体を捌けるか、
身体技法となせるかが、
コチラの技術の、ためされドコロである。

何も、そんなコトまでしなくても、、、
と、言われても
そうは、いかない、、のである。




人は、人の創り出したものによって、
常にさいなまれる危険をも
選択させられている。

いつも自覚して覚醒していなければ
生命を危うくさせられる問題が
そこには、内包されているのである。



posted by 身体気法会 at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月16日

向かう先のたったひとつであること

生きることの無意味さに
打ちひしがれる日が続く。

生きることに意味は無い。
と、思うのである。

腰椎5番の力が抜けるほどに、
この憂愁、メランコリーに
悩まされる。

いったん、この想いに
はまり込んでしまうと
どうにも、いた仕方ない、、、

しかし、
どんなに冷静に考えても
生きてあることの、無意味さから
私達は、逃れられない、
と思う。

生きていることに
何か、意味があるのだろうか、、、
と、悶々と
問うのである。


けれど、この
深い穴底のような
闇が少し薄れてくると
生きることは
面白いな、
と、思う気持ちが
起こってくる。

生きることは、面白い。

生きてあることは、予測の付かない
展開の連続で、実に面白いではないか、
と、素直に思えても来るのである、、、、



しかし、予想の付かない、未来があるからこそ
生きるに値するのかもしれないが、
人生の無意味さが、だからといって
消え去るものではないのである。

ちょっとした、つかの間の
温もりの感覚は、
すぐに消え去り、
再び、果てなく続く地平のような
空しさに襲われ始める。

この感覚を
すくい取る、何か
本当に「救い」は、あるのだろうか、、、、


私達は、何処からか
生まれ来る、、、。

生まれて、数年の
幸福な期間を過ごせるのは、
ほんの6割位なのかもしれないが、
それでも、
無目的で、無分別な
思考と運動の時期は
誰にでもある。
無垢な幸福の時代である。

心臓の鼓動は世界が刻む鳴動と
明らかに呼応しているし、
その未来は、何処までも
自由に自在に開かれているのだ。
そこに生きる意味合いは
充満している、、、、

ひとつの要求のひとまとまり!として
私達は彼方より発生したのであり
携えられた可能性は、展開し
実現するために、
そこに形なしているのである。

しかし、
夢の大売出しがなされる思春期直後、
私達は、向かう先が
たった一つであることを知らされる。


私達は、金を稼ぎ、働き、
金を稼ぎ、頭を使い、
金を稼ぎ、動き回らなくてはならない。

利益が上がるように考え、
売れるようにしこしこ算段を
つけなければならない。

合法、非合法を問わず
すべての生産的な行動とは、
お金になることでなければならない。

現代世界は
ますます、このいびつさが
際立ってたち表われている。

「価値の独り占め」、である。
どんな、事象も創造活動も
たったひとつの価値に収束され
選別されて、消されてゆく。

私たちの生きる意味が
ひとつの価値に独占され、
その生殺与奪が
そこに握られてしまっている現在、
わずかに漏れる光りの
ごく小さな抜け穴に向かって
大量の意思や情動が
押し寄せて、はじかれてしまうのは
あまりに自明なのである。


19世紀に始まり、20世紀で絢爛と開花し、
21世紀の現在、
いびつな素顔をあからさまに
した金融資本社会。

砂時計の落ちてゆく
砂は、利潤であり利益であり
利権でなければならないのであり、
公益であっても
真理であっても
その細く狭い落とし口からは
はじかれてしまうのである。

視野を開き、
視座を広げれば、
原発にしろ、景気停滞にしろ
財政問題にしろ、
広く徳となる道筋があるのである。

しかし、目先の損を嫌い
既得権益を失うことを嫌がり、
人々の空の米びつの隅にわずかに残った
食いぶちにさえ
手を出そうとする、
この独り占めの価値体系は、
決して人々の益となる方向には
進まない。



向かう先は、たったひとつ
なのである。


まったく違う価値を持った
人々の息苦しさは、
いつまでも続くのだ、、、、、。



posted by 身体気法会 at 12:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする