2015年01月06日

無縁の距離





近在のホームセンターに久々に立ち寄ったところ、
店舗外の駐車場内にたい焼きの露店が
出来ていた。

車を止めてすぐ、目についたのである、、。

なぜか、鼻孔にふんわりした甘い餡の香りが満ちて
非常に美味しそうで、
たまらなく食べてみたい欲求がふと、心の奥に
わき起こるのを感じた。


この露店の位置が、まことに
絶妙なのである。

遠からず、近からず、、、

普通、店外の露店を出そうとする場合、
店の出入り口のすぐ端に店を開いて、
本店に入ろうとする客にアッピールしつつ、
記憶に焼きつかせて、出てきたところで
ふと思い出させて、購入の意欲を誘おうというのが
常套手段で、まあそこそこの
客を得るものである、、。

これが、スペースがあるからと云って
出入り口より少し離れた駐車場まで
退いてしまうと、まったく客の関心を引くことができない、、
存在さえ発見されない危惧さえあるというのが
一般的なビジネスコンセンサスといえるのだが、

このたい焼き屋は、
駐車場敷地に入る寸前か入り口間際に位置して、
しかも店表が主役たるホームセンター側に向くのでなく、
かといって駐車場の客を迎え入れるかのような方向を
向いているわけでもなく、
そのどちらでもない真横を向いている、、、

このたい焼き屋の、常道を半歩踏み越えたこの立地に
疑問が起こりつつ、しかし何かどこかに気を惹かれる何事かが
潜んでいるようで、心に引っかかる、、、。


結局、この半歩半離れのたい焼き屋のマジックに
かかって、目的の買い物を済ませた後、
たい焼きを一つ、買ってしまった、、、。

後ろを見ると、ぞろぞろあとから
買いに来る人がひっきりない、、。
なかなかの繁盛ぶりなのである。


人には、このような目立たない
わざと自分の存在を奥まらせて、
控えめなのか、反抗的なのか
掴みにくい、こような立ち位置に
どこか、惹かれる何かがあるのだろうか、、、、


日本中世の昔、、
無縁所という境域が存在していたといわれる、、
現世の境遇や利害から縁を切り、ドロップアウトして
逃げ込めるアジールのような領域であったといわれる、、

網野善彦が、日本歴史の周縁に影のように押しやられ
埋没させられていたものに光を当てたのが
その存在が認知された始まりだと知られている。

芸能や技工、神事の式法をなりわい事とする人々が
この周縁に追いやられた叢民の中心に存在し
いずれもこの目に見える現世の世界にあって
正体の知れない向こう側の、見えない境域の技能を
操る人々なのである。

音楽や舞や療術、祈祷や卦読み、金打ちなど
この世ならぬ何処の奇芸なのであり、
同座してはならない神人、鬼人なのである、、、。

しかし、表の世界からいつでも誰でも逃げ込める
この周縁の領域世界は、無縁でありながら誰でもが
ソフトランディングし得て、フラットな自己でいられる
世界にゆるやかに開かれた「無縁」でつながれた
唯一の境域ともいえる、、、

虐げられつつ畏れられ、見下げられつつ重用され、
遠くに追いやれながらいつでも傍らに控えているという
暗くおぼろげで顔の見えない「影」の人々であるこの
無縁の民は、自己存在を打ち消されながら、けれど
伏せた体躯と背けたまなざしで、表の人々の心臓を
がしりとひっ掴んで繰り出せる人々なのである、、。


自らを虚しくし、必ず近くで控えて居り
けれど火急の時には、いち早く事を動かす、という
この影のごとき「距離感」を
日本人はことのほか好む。

この無縁の距離が
「整体操法」の骨子なのであり、
操法者は、どこまでも無縁の住人であること
を数回に渡り展開していこうと思う、、。



※本稿は、2015年1月に書かれたものです。
 再び公開しつつ、続論を展開しようと思います。















【関連する記事】
posted by 身体気法会 at 08:45| Comment(0) | 心と身体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。