2011年09月25日

「トキ」する合間に

台風が去り、
めっきり秋めいてきた。

痩せ身の私などは、
寒いな、と
肌を外気にさらしたくなくなる。


台風一過の外気温の低下で
数日前から、ギックリ風の腰痛に
見舞われる人が多発している。

あっ!と云う、メリハリの利いたギックリでなく
どうも、何だか、腰あたりが変だな、
あれ、ちょっとまずい痛みかなと、
思ってる間に、動けなくなるようである。

「じんわりギックリ!」とも云うべき
腰痛がこの秋の特徴らしい。

冬に備えての
骨盤の変化が起こってきたと云うことであるけれど
夏の置き土産の
胸の硬張りを、残したままなので
どうもスンナリ骨盤が閉じていかないためだろう。




この秋の気配…、
風の中に、秋の匂いが混じり、
落ち着かない夏の心のざわめきが
しゅんと納まってゆく

秋の気配は空気にある、
その音にある。

空気の密度が高まるのである、

夏の開けきった、空気の粒子が
収束されて、肩を寄せ合い
静かにたたずみ始めるのである。

音も同じである、
まばらに散逸してゆく
密度の薄い音の響きが
しっくり歩速をゆるめて、
お互いの間合いを縮めあうのである。

縮みあい密度が増した空間は
シャープだ。

ちょうど、夏のフォーカスが
何もかも開いていって、拡大された
荒い画素だとすると、
粒子間が狭まった秋の空気も音も
何処までも澄んで
静けさと不思議な近視感がある。


空も何処までも青く、ただ青く、
広場のベンチに仰向けになって
見上げると、視界には
この「青」だけしか入ってこない。

遠いのか近いのか、
すぐ目前に空の青があって
手に触れられそうな
錯覚に、眩暈を覚える。

世界が裏返ってしまう、ような
めまいである…


この落ち着いた気配、
何かが納まってしまった安堵感みたいなもの…
この、秋の
まさに秋としかいえない風情

ちょうどお祭りが終わった翌日の朝のような
ハレの喧騒の酔いがしっくり醒めて、
もの寂しさとちょっとした疲労感、
それをほんわり包む休息感に、
このままボンヤリじっと箱の中にでも入って
寝ていたいと、
思わせる収束感。

この秋の感覚とは何だろう。


「時間」と云うものは
現代人にとっては、
過去から未来へ、止まることなく
永遠に、うるうる伸び続ける
一本の道のようなものだと感覚されるものだけれど、

実は、
出たり入ったり、
発生したり収束されたりと…、
決して尽きない一筋の流れ、と云うだけのものでは、
無いのである。

時間は、必要なときに
トキ化されて、生まれるのである。

「トキ」はいつでも、一定運動を
続けるものではなくて
速度も運行もまばらであり、
収束されて待機している事だってあるのである。


気配が残ると云うことが、ある。
ガサガサ動いて残るのではなくて
佇まい〜タタズマイとして
感じられる、

この空間か風景に納められた
記憶が、気配として
気の記録として仕舞われたのである。


おりしも先日、
光より速い物質、ニュートリノが観測されたと
ニュースで報じられた。

光よりも速いということは
現在から過去に、遡った「時間」の中にあると
云うことなのだと言う。

タイムトラベルも可能だと
真顔で解釈する学者もいる。


しかし、もう何万年も前から
身体は、気の記録を
所蔵する蔵〜クラなのである。

納められた時間の
ファイリングされた
アーカイブである。


何時でも、
取り出し、今まさに
起こりつつあるかのように
調整も出来る。

養生とは、
コレをいかに納めるか、
「トキ」化して
取り出しつつ、整えるかと、云う
この二つの事に尽きるのである。



秋は、
「トキ」する合間の
その消息を
聞こえない声で
まことに静かに
私達に呟いているといえるのです…。






posted by 身体気法会 at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする